ベトナム株口座開設 ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株口座開設ツアー

ベトナム株式の口座を作るに当たって、ベトナムの証券会社と契約する場合、現地に赴くか日本国内でオンライン等による申し込みを行う必要があります。

日本語しか話せないから現地に行くのは不安だ、と言う人が大多数だと思うので、後者を選択したいと言う人がほとんどでしょう。

しかし、日本国内で口座開設の手続きは、意思の伝達の不備や、電子メールでのコミュニケーションにかなりの時間がかかってしまい、すぐに口座を開設したいと言う人には不適です。

ここで、便利なのがベトナム株式の口座開設のためのベトナムツアーです。

こう言ったベトナムツアーはかなり多く組まれており、簡単に申し込みできると思いますが、人気のある口座開設ツアーに関しては申し込みが殺到してしまうケースもあるようです。

人気のあるツアーに関しては直ぐに申し込まないと間に合わないと言う事もあります。

まだ浸透しているとは言いにくいですが、一つのツアーが満席になるくらいベトナム株式はとても注目をあびています。

ツアーの目的は口座開設ですが、大抵の場合は観光も兼ねており、移動時間も含め、3〜4日でツアーを組むところが多いです。

ツアー中は、同行スタッフの方が講座を開いたり、ツアー参加者の人たちと楽しく話をしたりなど、旅行しながらベトナム株式について語り合うと言った感じになります。

口座を設立するだけではなく、こう言ったコミュニケーションで人脈を作れる言う意味でも、ツアーはお勧めです。

日本でのベトナム株口座開設

日本で行えるベトナム株式の口座開設方法について説明します。

ベトナム株式を購入したいけれど、現地まで行って口座を開く事はできない、あるいはそのような時間がない、と言う人は多いかと思います。

ベトナム株の口座開設は、現地に行くのと日本で行うのではおおきく違います。

現地ならば直接担当の方と会話しながら書類などを作成していきます。

日本にいながらベトナムの証券会社と契約する場合は、証券会社に申請後、自分で取引に必要な書類などをつくります。

BSC証券など証券会社によっては、口座作成を手助けしてくれるところもあります。

まず、サイト(HP)のお問い合わせフォームを利用して口座の申し込みを行いますが、日本語で行えるので、とまどうことはないと思います。

申込み後、口座開設の為の必要書類が郵送されてきますので、必要書類と売買用の伝票にサインし、それを指定の住所に郵送することになります。

日本で手続きを行うデメリットは、

 不手際があった際にその問い合わせの返答がかなり遅い
 日本のように几帳面な返答はまずない
 
など、数日〜数週間を覚悟しなければなりません。


現地で直接担当者と話をしながら口座開設を行うのがもっとも確実なのですが、そう簡単にできる事ではありませんので、このような口座開設方法が生まれたのでしょう。

ベトナムでの口座開設

ベトナムの証券会社の口座開設手続きは、日本でも、現地であるベトナムで直接行う事もできます。

どう言った手続きを行うかはおのおのの証券会社によって違いますが、いくつか例を挙げて説明します。


SSI証券で口座をつくる場合は、まず、パスポートと資金、そして書類作成の為の個人情報の連絡をします。

個人情報に関しては、名前、性別、電子メールアドレス、パスポート番号、パスポート発行日、パスポート有効期限日、生年月日、現住所、郵便番号、電話番号、FAX番号(任意)をそれぞれローマ字で連絡する事になります。

これらの準備が終わると、最後は現地での契約となります。

説明を受け、あらかじめ連絡しておいた個人情報によって作成された書類にサインし、日本国総領事館とBIDV銀行に赴いたら手続き完了です。

所要時間はだいたい3時間程度のようです。

事前に証券会社にアポイントメントを取る必要がありますが、口座開設までにかかる日数は2週間〜2ヶ月とかなり幅があります。


VDSC証券の場合は、当日現地で個人情報を紙に記載し、それを元に作成された

 銀行の口座開設申請書
 銀行の証券取引口座開設認証拠申請書
 銀行への委任状
 証券仲介取引合意契約書
 証券取引コード取得申請書
 外国人個人投資家情報開示(ディスクロージャー)書
 署名見書籍登録書

と言った必要書類にそれぞれサインし、更に今後の取引に必要な売買伝票にサインします。

後は、説明を受けて、領事館の承認許可の書類を作成します。
その後銀行で口座を開設し、領事館へ移動して書類を提出すれば手続きは完了です。

資金はこの際に支払います。

口座開設には2週間〜2ヶ月が必要です。

現地まで行ってベトナム株式口座を作る最大のメリットは、なんといっても時簡短縮です。

日本だと、問題がある度に問い合わせの電子メールを送り、その返送に数日〜数週間を要するので、開設までかなり時間がかかる場合があります。

現地まで行けば、だいたい一日で終われますので、ベトナム株式の口座開設を考えるなら、現地での手続きも考えておきましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。