ベトナム株とは ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株式購入

ベトナム株式取引を始めるにあたって、口座開設手続きが終ったら、ベトナム株式購入に向けての準備として、銘柄を選ばなければなりません。

銘柄選びにはいくつかのポイントがありますが、これらトを抑えて、ベトナム株式購入の目安にしてみてはいかがでしょうか。

まずは、企業の業績が上がっている銘柄を選びましょう。

ベトナム株式が注目される理由はなんと言っても経済成長率の良さです。

この経済成長を支えている企業が、ベトナム株式を支えていますから、そのような業種の企業を選びましょう。

急成長が認められた証拠でもあるように、ベトナムはWTOへの加盟を果たしました。

この加盟が後押しする業種も出てきますので、それに対応する業種であるかを見てみましょう。

そして、今後は外国人の投資家によるベトナム株式購入が益々現地企業を発展させていきますので、外国人投資家保有率が伸びている銘柄は、今後も有望です。

ベトナム株式購入をする際には、

 ・現地の経済情勢について常にアンテナを高くしていること
 ・まだまだ規模が小さいく流動的な市場であることを頭に入れて
  市場全体の動きに目を向けておく

ことが必要です。

そのためにも、インターネットを活用して、日本に居ながらリアルタイムでベトナム株式情報を手に入れることができる有益な信頼できるサイトを見つけておきましょう。

ベトナム株式の基礎知識であったり、質疑応答をしてくれるサイトもありますので、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

ベトナム株投資の魅力

世界の投資家達が注目してきたBRICs(中国,ブラジル,インド,ロシア)の4カ国に続いて、今では、VISTAと呼ばれる新興国の株式市場の人気が高まっています。

ベトナム,インドネシア,南アフリカ共和国,トルコ,アルゼンチンの五カ国の頭文字からVISTAと名づけられたものです。

特にベトナム株式についてはVISTAの代表的な存在で、世界各国からの投資が集っています。

ベトナム株式投資の魅力はなんと言っても、経済成長率の良さで、短期間の間に、経済成長率が7%と言う上昇率は、世界でも他に例を見ることができません。

WTOの加盟国になったことも受けて、益々投資が集中しているとは言え、ベトナム株式市場は誕生してまだ日が浅いため、上場企業の数は増えているとはいえ、まだまだ少ないのが現状です。

今後益々増え続けると言われていますが、現況では、ベトナム株式投資は、数少ない上場企業の中から選んでと言うことになります。

上場企業が少ない分、時価総額も少額で、一株当たりにしてみると、株価も安いことになります。

よって、ベトナム株式投資は少ない資金で、多くの銘柄が購入できると言うことに繋がるのです。

ベトナム株式については、まだまだ立場の長い投資と言うことになりますが、成長性からは目が離せません。

日本以外の外国人投資家はこの状態をどのように分析するのか?にも課題は残るようです。

ベトナム株価指数

ベトナム株式の価値の推移を見る上で、もっともわかりやすいのがベトナム株価指数を見ることです。

ベトナム株価指数(インデックス)とは、ベトナム証券取引所に上場されている全銘柄によって算出される時価総額加重平均指数の事で、ベトナムVN指数とも呼ばれます。

ベトナム株式が誕生した2000年7月28日の指数(インデックス)を100とし、これを基準として以降の指数(インデックス)が導き出されています。

つまり、100を超えている場合は、ベトナム株式創立時よりもベトナム市場、ベトナム株式が好調であると言うことです。

現在のベトナム株指数(2008年2月現在)は、700くらいで、発足時の7倍です。

一時は1000を大きく超えていたので、現在絶好超かと言うと、そうでもないのですが、8年で7倍ですから、この時点で、かなりの成長率です。

株式に株価の変動はつきもので、どんな好調な企業でも株価が下がる事はあります。

それは、ベトナム市場、そしてベトナム株式全体にも言えることで、現在下がっているとはいっても、ここまでずっと上昇し続けている状態で、まだ国自体が発展途上の状態ですので、ピークがすぎたと判断する人は少ないでしょう。

これから先、更なる上昇がある事を期待する人が多いからこそ、注目をあびています。

もちろん、金融資産運用は全て自己責任なので、周りの雰囲気に流されてもいけません。

現在のベトナム株価指数(インデックス)のチャートを見て、買うべきか、買わざるべきか、あるいは売るべきか売らざるべきかを決めるのは、自分自身で自己責任の上、判断しましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。