ベトナム株式とインド株式 ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株式とインド株式

発展途上ながらとても勢いがある市場として注目をあびているベトナム株式ですが、同様に今後が期待されている外国株式市場はいくつかあります。

その中でも最も有名なのが、インド株式です。

インド株式はベトナム株式同様ここ数年で凄まじい勢いの株価上昇をとげており、既に金融資産を倍増させた人も少なくありません。

注目を浴びるのも当然と言えるでしょう。

今のところ、インド株式は海外の投資家が直接投資する事ができないので、インド株式ファンドもしくはADRを利用する形になります。

ちなみに、ADRとは米国預託証拠書のことです。

インド株式投資は、日本国内でネット株によって取引を行う人がほとんどのようです。

今日の株式取引はオンライントレードが主流なので、極めて当然でしょう。

現在、楽天証券がインド株式投資をネットで取り扱っているようです。

ベトナム株式とインド株式の違いは、その母体にあります。

インドは総人口10億人を超えており、2030年ごろには労働力人口で中国を上回ると言われています。

急激な経済発展をとげていると言う点ではベトナムと同じですが、労働力ではインドが有利と言えます。

インド経済は世界的な注目をあびており、成長率も9%台ととても高く、アジアで三番目の経済力となるまでに発展しました。

今後もその労働力から、更なる成長が期待できる国ですので、株式にも人気が集まるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。