ベトナム株は10年前の中国株式 ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株は10年前の中国株式

ベトナム株式が10年前の中国株式と同じだと言う声が挙がっています。

それは、現在ベトナムは発展途上ながらとても労働力の質が高く、人件費の安さとあいまって世界各国から生産工場の設立がなされているからです。

これは、かつて工場大国とも言われていた中国ととてもよく似ています。

中国も、その圧倒的な人口と労働力を武器に世界各国から工場を集め、その影響で中国株式は急騰し、わずか5年で6倍にまで膨れ上がったのです。

そして、ベトナム株式にも同じ現象が起こると言われていましたし、ベトナム株式の株式価はここ数年で急激に上がりました。

ここ1年はやや頭打ちの感がありますが、まだ上昇の可能性は十分にあります。

ベトナムが今後順調に発展し、高度経済成長を果した際には、中国に勝るとも劣らない勢いを見せつける事になるかもしれません。

今ベトナムでは、半導体世界最大手であるインテルが世界最大規模の工場を設立する計画が立ち上がっています。

世界の大企業がこぞってベトナムの労働力に投資しているのです。

その波は日本にも及んでおり、これまで中国を中心に工場を設立していましたが、徐々にベトナムの労働力をあてにしようと言う動きが強まってきています。

ベトナム株式が今後、飛躍的にその株式価を上げ、10年後には現在の中国株式のような存在になっている可能性は充分あります。

この動きに乗り遅れないよう、よく考えながらベトナム株式の購入について検討しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。