ベトナム株の今後 ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株の今後

中国株式に次ぐ人気で注目を集めているの外国株式がベトナム株式です。

しかし、ベトナムの株式会社の少なさに驚く人も数多いかと思います。

なぜなら、ベトナムは社会主義共和国ですから、"国営"企業が多く、株式会社の数が少ないのです。

とは言え、現在ベトナム政府が進めている計画では、今後株式会社を増やし続けると言う方向性になっており、現在の国営企業の内、8割近くは株式会社になるとも言われています。

株式会社になったすべての企業が上場されているわけではなく、上場している企業はほんの一部です。

それ以外の株式会社は、現在のところ市場外取引となっています。

ベトナム株式の市場外取引は、非公式ではありますが、厳格なルールの下、証券取引所で上場されているものと同等の扱いがされています。

政府もこのような市場を放っておくわけがありませんから、これらの多くの企業が上場を果たすものと思われます。

上場企業の数も一段と増え、ベトナム株式市場は豊富な銘柄にますます活気付くと予想されます。

また、外国人のベトナム株式保有率を、30%から49%に引き上げられたのを見てもわかる様に、外国人投資家に対する規制を緩める可能性も充分あります。

現在のところ外国人投資家のベトナム株式保有率は全体の2〜3割ですが、ベトナム株式への投資は今後益々さかんになる傾向であると言って良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。