ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株式とインド株式

発展途上ながらとても勢いがある市場として注目をあびているベトナム株式ですが、同様に今後が期待されている外国株式市場はいくつかあります。

その中でも最も有名なのが、インド株式です。

インド株式はベトナム株式同様ここ数年で凄まじい勢いの株価上昇をとげており、既に金融資産を倍増させた人も少なくありません。

注目を浴びるのも当然と言えるでしょう。

今のところ、インド株式は海外の投資家が直接投資する事ができないので、インド株式ファンドもしくはADRを利用する形になります。

ちなみに、ADRとは米国預託証拠書のことです。

インド株式投資は、日本国内でネット株によって取引を行う人がほとんどのようです。

今日の株式取引はオンライントレードが主流なので、極めて当然でしょう。

現在、楽天証券がインド株式投資をネットで取り扱っているようです。

ベトナム株式とインド株式の違いは、その母体にあります。

インドは総人口10億人を超えており、2030年ごろには労働力人口で中国を上回ると言われています。

急激な経済発展をとげていると言う点ではベトナムと同じですが、労働力ではインドが有利と言えます。

インド経済は世界的な注目をあびており、成長率も9%台ととても高く、アジアで三番目の経済力となるまでに発展しました。

今後もその労働力から、更なる成長が期待できる国ですので、株式にも人気が集まるでしょう。

ベトナム株口座開設ツアー

ベトナム株式の口座を作るに当たって、ベトナムの証券会社と契約する場合、現地に赴くか日本国内でオンライン等による申し込みを行う必要があります。

日本語しか話せないから現地に行くのは不安だ、と言う人が大多数だと思うので、後者を選択したいと言う人がほとんどでしょう。

しかし、日本国内で口座開設の手続きは、意思の伝達の不備や、電子メールでのコミュニケーションにかなりの時間がかかってしまい、すぐに口座を開設したいと言う人には不適です。

ここで、便利なのがベトナム株式の口座開設のためのベトナムツアーです。

こう言ったベトナムツアーはかなり多く組まれており、簡単に申し込みできると思いますが、人気のある口座開設ツアーに関しては申し込みが殺到してしまうケースもあるようです。

人気のあるツアーに関しては直ぐに申し込まないと間に合わないと言う事もあります。

まだ浸透しているとは言いにくいですが、一つのツアーが満席になるくらいベトナム株式はとても注目をあびています。

ツアーの目的は口座開設ですが、大抵の場合は観光も兼ねており、移動時間も含め、3〜4日でツアーを組むところが多いです。

ツアー中は、同行スタッフの方が講座を開いたり、ツアー参加者の人たちと楽しく話をしたりなど、旅行しながらベトナム株式について語り合うと言った感じになります。

口座を設立するだけではなく、こう言ったコミュニケーションで人脈を作れる言う意味でも、ツアーはお勧めです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。