ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株は10年前の中国株式

ベトナム株式が10年前の中国株式と同じだと言う声が挙がっています。

それは、現在ベトナムは発展途上ながらとても労働力の質が高く、人件費の安さとあいまって世界各国から生産工場の設立がなされているからです。

これは、かつて工場大国とも言われていた中国ととてもよく似ています。

中国も、その圧倒的な人口と労働力を武器に世界各国から工場を集め、その影響で中国株式は急騰し、わずか5年で6倍にまで膨れ上がったのです。

そして、ベトナム株式にも同じ現象が起こると言われていましたし、ベトナム株式の株式価はここ数年で急激に上がりました。

ここ1年はやや頭打ちの感がありますが、まだ上昇の可能性は十分にあります。

ベトナムが今後順調に発展し、高度経済成長を果した際には、中国に勝るとも劣らない勢いを見せつける事になるかもしれません。

今ベトナムでは、半導体世界最大手であるインテルが世界最大規模の工場を設立する計画が立ち上がっています。

世界の大企業がこぞってベトナムの労働力に投資しているのです。

その波は日本にも及んでおり、これまで中国を中心に工場を設立していましたが、徐々にベトナムの労働力をあてにしようと言う動きが強まってきています。

ベトナム株式が今後、飛躍的にその株式価を上げ、10年後には現在の中国株式のような存在になっている可能性は充分あります。

この動きに乗り遅れないよう、よく考えながらベトナム株式の購入について検討しましょう。

ベトナム株ノーロードファンド

グローバル・リンク・インベストメントが2006年12月15日〜2007年2月28日の間に運用・販売していたベトナム株式の販売手数料(コスト)無料のファンドベトナム株ノーロードファンドについて説明します。

契約期間は2007年3月1日〜2010年2月28日で、途中売却は不可となっていましたが、これまで手数料(コスト)無料のベトナム株式に特化したファンドと言うものはなかったので、とても注目を浴びました。

実際のところ、外国株式は何かとお金がかかるので、手数料を取らないと利益が出難いと言う面があり、手数料(コスト)がかからないと言う事に猜疑の目で見る人も多いようです。

しかしその実績は好調のようで、第二段となるベトナム株ノーロードファンド2も発売されました。

これは2007年4月15日〜2007年6月29日の間に申し込みが行われ、契約期間は2007年7月1日〜2010年6月30日となっているようですが、第一弾と同じく途中売却はできないようです。

ベトナム株ノーロードファンドと言う商品に関しては、まだ実績期間が少ない事もあって、購入に慎重になっている人も多いようです。

何より、ベトナム株式事態がまだ新しく、勢いがあると同時に不安定でもあるので、慎重になるのは当然と言えますが、手数料(コスト)がかからないと言うのはとても魅力的であり、今後の実績によってはこのようなファンドが増えていく可能性もあります。

ベトナム株式共々、このベトナム株ノーロードファンドにも、大いに注目が集まっていると言えるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。