ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株情報の集め方

日本人のベトナム株式に対する注目度に比例するように、最近では、ベトナム株に関する日本人向けのサポートやサービスが増えて来ました。

特に、個人のブログ(個人サイト)など、実際体験した事の詳細な説明をインターネット上で公開する人が増えているので、情報収集にはとても便利です。

ベトナム株の情報と言っても、証券記事であったり、チャート(罫線)情報であったり、ファンド情報であったりと、細かく分ければかなりのカテゴリーになります。

ベトナム株式の証券記事に関しては、ベトナム株情報、ベトナム株式総研.COM、UWGベトナム株式情報と言ったサイト(HP)を閲覧するのが便利だと思います。

それぞれとても見やすく記事が載せられており、ベトナム株式投資センター、マネーベトナムドットコムや元祖ベトナム株式専門と言ったサイト(HP)でもベトナム株式情報の閲覧が可能です。

チャート(罫線)に関しては、ゴールデンチャート社やベトナム株式情報に情報があります。

SBS証券やSSI証券と言った、証券会社のサイトにもチャートが置いてあります。

それらの証券会社と契約していない人でも、サイト(HP)は閲覧してみる価値があります。

ファンド情報は、ベトナム単体だと、東洋証券、アイザワ証券、キャピタル・パートナーズ証券グローバル・リンク・インベストメントにあります。

ベトナムを含むファンドであれば、新光証券やJPモルガン、イートレードなどと言った証券会社のサイト(HP)に載せられています。

ベトナム株式に関する情報収集方法は、インターネット以外にも書籍があります。

最近のベトナム株式ブームの影響でしょう、ベトナム株式に関する書籍がたくさん出版されるようになりましたので、買って読んでみるのも一つでしょう。

日本でのベトナム株口座開設

日本で行えるベトナム株式の口座開設方法について説明します。

ベトナム株式を購入したいけれど、現地まで行って口座を開く事はできない、あるいはそのような時間がない、と言う人は多いかと思います。

ベトナム株の口座開設は、現地に行くのと日本で行うのではおおきく違います。

現地ならば直接担当の方と会話しながら書類などを作成していきます。

日本にいながらベトナムの証券会社と契約する場合は、証券会社に申請後、自分で取引に必要な書類などをつくります。

BSC証券など証券会社によっては、口座作成を手助けしてくれるところもあります。

まず、サイト(HP)のお問い合わせフォームを利用して口座の申し込みを行いますが、日本語で行えるので、とまどうことはないと思います。

申込み後、口座開設の為の必要書類が郵送されてきますので、必要書類と売買用の伝票にサインし、それを指定の住所に郵送することになります。

日本で手続きを行うデメリットは、

 不手際があった際にその問い合わせの返答がかなり遅い
 日本のように几帳面な返答はまずない
 
など、数日〜数週間を覚悟しなければなりません。


現地で直接担当者と話をしながら口座開設を行うのがもっとも確実なのですが、そう簡単にできる事ではありませんので、このような口座開設方法が生まれたのでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。