ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナムでの口座開設

ベトナムの証券会社の口座開設手続きは、日本でも、現地であるベトナムで直接行う事もできます。

どう言った手続きを行うかはおのおのの証券会社によって違いますが、いくつか例を挙げて説明します。


SSI証券で口座をつくる場合は、まず、パスポートと資金、そして書類作成の為の個人情報の連絡をします。

個人情報に関しては、名前、性別、電子メールアドレス、パスポート番号、パスポート発行日、パスポート有効期限日、生年月日、現住所、郵便番号、電話番号、FAX番号(任意)をそれぞれローマ字で連絡する事になります。

これらの準備が終わると、最後は現地での契約となります。

説明を受け、あらかじめ連絡しておいた個人情報によって作成された書類にサインし、日本国総領事館とBIDV銀行に赴いたら手続き完了です。

所要時間はだいたい3時間程度のようです。

事前に証券会社にアポイントメントを取る必要がありますが、口座開設までにかかる日数は2週間〜2ヶ月とかなり幅があります。


VDSC証券の場合は、当日現地で個人情報を紙に記載し、それを元に作成された

 銀行の口座開設申請書
 銀行の証券取引口座開設認証拠申請書
 銀行への委任状
 証券仲介取引合意契約書
 証券取引コード取得申請書
 外国人個人投資家情報開示(ディスクロージャー)書
 署名見書籍登録書

と言った必要書類にそれぞれサインし、更に今後の取引に必要な売買伝票にサインします。

後は、説明を受けて、領事館の承認許可の書類を作成します。
その後銀行で口座を開設し、領事館へ移動して書類を提出すれば手続きは完了です。

資金はこの際に支払います。

口座開設には2週間〜2ヶ月が必要です。

現地まで行ってベトナム株式口座を作る最大のメリットは、なんといっても時簡短縮です。

日本だと、問題がある度に問い合わせの電子メールを送り、その返送に数日〜数週間を要するので、開設までかなり時間がかかる場合があります。

現地まで行けば、だいたい一日で終われますので、ベトナム株式の口座開設を考えるなら、現地での手続きも考えておきましょう。

口座開設にかかるコスト

ベトナムの証券会社でベトナム株の口座開設を行う場合、日本国内で行う方法と現地のベトナムに赴いて口座開設の手続きを行う方法の二つがあります。

そのため、ベトナムでベトナム株式の口座開設を行う場合は、ある程度の費用がかかる事を念頭に入れておく必要があります。

コストはベトナムの証券会社次第ですが、ここではBSC証券とSSI証券についてご説明します。

SSI証券では、まず最初の保証拠金として10,000ドル用意する必要がありますし、最低保証拠金として1,000ドルは常に必要ですす。

そして、口座開設料として200ドル、口座維持料として毎月100ドルがそれぞれかかります。

加えて、公開株式の仲介手数料(コスト)に取引額の0.5%、未公開株式の仲介手数料(コスト)に取引額の1%が必須となります。

IPO(新規公開株)/OTCを申し込む場合、手数料(コスト)として200ドル用意しなければなりません。

これらのその他にも、日本語手助けを受ける場合は、毎月口座維持料25ドルを支払う必要があり、証券口座を閉鎖する場合にも手数料として100ドル支払わなければなりません。

頭金に関しては、支払うのではなく用意するだけで、このお金はコストではなく自分のお金として使う事ができます。


BSC証券の場合、まずツアーで行く場合と単独でに行く場合とで料金が変わります。

単独で行く場合は、日本国総領事館に240,000ベトナムドン、BSC証券へ400,000ベトナムドン(合計約4200円)を支払う必要があります。

領事館での認証拠受取を自分で行い、BSC証券へ持参した場合は240,000ベトナムドンが返金されます。

日本語サービスを受ける場合は、180ドルが必要となります。

ツアーの場合は、ツアー代金として100ドルを支払う事で、送迎代を含む全てのフォローがされますが、別途日本語サービス料180ドルが必要です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。