ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株式とは

最近、ベトナム株と言う言葉を聞く機会が増えてきました。

ベトナム株式とは、ベトナム証券取引所に上場、取引されている株式の事を言いますが、今の時代ベトナムに行かなければベトナム株式が買えないという事はありません。

日本国内でも、インターネットなどによって取引ができます。

ベトナム株式が、今何故注目をあびているのか。

それは、ベトナムが高成長を続ける発展途上国だからです。

現在、ベトナムはとても労働力の質が高く、人件費が抑えられています。

また、人口が多く、その6割が30歳以下と、若年層がとても多い国で活気にあふれています。

最近の教育水準の上昇により、識字率は100%に近く、ベトナムの今後の経済成長に大きな期待ができると思われます。

ベトナム株式とは、ベトナムそのもの、ベトナム国に投資するようなものです。


ベトナムの経済発展を期待して買うわけですから、基本的には長期保有を前提とした購入と言う事になります。

ベトナム株は短期で利益を得ようという人には向いていないかもしれませんが、将来的に金融資産を増やしたいと考えている人には、最適です。

戦後の日本が爆発的な経済成長を遂げたように、現在のベトナムは、とても経済成長のポテンシャルが高く、このベトナムも日本と同様なプロセスをたどる可能性を十分に秘めています。

日本人にとってのベトナム株式とは、長期保有によって夢を買うと言う意義もありそうです。

ベトナム情報 ネット

ベトナム株式の取引をするにあたって必要なのは、やはりベトナム株式情報です。

日本に居ながらにして、ベトナム株式の動きをキャッチしなければならないのですから、よほどアンテナを高くしていなければ、リアルタイムな情報を入手することは困難です。

今はインターネット環境があり、ネットから良質なベトナム株情報を入手することも可能です。

有用なサイト(HP)をブックマークして、常にベトナムを身近な感じられる様にしておくことが、ベトナム株式取引を行う上では有効なことです。


ベトナム株式情報サイトから、ホーチミン証券取引所、ハノイ証券取引所の株指数(インデックス)や基本情報を見ることができます。

それぞれの取引所において上場されている銘柄の株式価に関する情報も、リアルタイムで見る事ができます。

また、株主総会の開催情報や新たに上場された株式についての情報や、新株発行情報、または、配当金が出される日程などの情報を見る事もできます。

ベトナム株式に大きく関わりを持つ、ベトナムの情勢についても情報を仕入れることができます。

日本の新聞やテレビでは報道されないような、ベトナムの政治・経済・社会情報、三面記事や、芸能、観光情報など幅広い情報をリアルタイムに入手することが、ベトナム株式の動きを把握する有効な方法です。

ベトナム株の今後

中国株式に次ぐ人気で注目を集めているの外国株式がベトナム株式です。

しかし、ベトナムの株式会社の少なさに驚く人も数多いかと思います。

なぜなら、ベトナムは社会主義共和国ですから、"国営"企業が多く、株式会社の数が少ないのです。

とは言え、現在ベトナム政府が進めている計画では、今後株式会社を増やし続けると言う方向性になっており、現在の国営企業の内、8割近くは株式会社になるとも言われています。

株式会社になったすべての企業が上場されているわけではなく、上場している企業はほんの一部です。

それ以外の株式会社は、現在のところ市場外取引となっています。

ベトナム株式の市場外取引は、非公式ではありますが、厳格なルールの下、証券取引所で上場されているものと同等の扱いがされています。

政府もこのような市場を放っておくわけがありませんから、これらの多くの企業が上場を果たすものと思われます。

上場企業の数も一段と増え、ベトナム株式市場は豊富な銘柄にますます活気付くと予想されます。

また、外国人のベトナム株式保有率を、30%から49%に引き上げられたのを見てもわかる様に、外国人投資家に対する規制を緩める可能性も充分あります。

現在のところ外国人投資家のベトナム株式保有率は全体の2〜3割ですが、ベトナム株式への投資は今後益々さかんになる傾向であると言って良いでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。