ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株式情報の入手

初心者がおさえておかなければならないことは、ベトナム株式情報の入手方法です。

自らが動いて情報を得る事をしなければ、日本人に、ベトナム株式情報勝手に入ってくるものではありません。

ベトナム事情を認識することがベトナム株式取引には必須ですので、常日頃"ベトナム"を身近に感じていることが大切です。

リアルタイムなベトナム株式情報を仕入れることができるいくつかのサイトがありますので、株式情報のみでなく、日本のニュースや新聞ではなかなか手に入れることができないような政治情勢ニュースを仕入れることによって、今後市場を動かしかねないようなことにも敏感に反応できます。

ベトナム株式売買用の口座を開設しなければ、ベトナム株式取引ははじめられません。

いくつかの方法で開設は可能ですが、開設される方によって、条件が異なります。

より自分に適切な方法で、手数やお金を必要最小限に済ますことができるような開設ができるヒントも、各種のサイトから引き出すことができます。

お薦めなのは、口座開設サポートの利用です。

日本に居ながらにして、もしくは、現地に足を運ぶついでに、安心で確実な手助けサービスを利用して無駄なく口座開設をしましょう。

ベトナム株式は、銘柄によっては、購入できない場合があります。

外国人の保有比率が決まっているためで、その枠がいっぱいになってしまっている場合は、欲しくても買えないのです。

このような情報もウェブサイトで入手できますので、確認してみましょう。

ベトナム株 人気の秘密

"ハノイ証券取引所"と"ホーチミン証券取引所"の二箇所でベトナム株式の取引がされます。

ホーチミン証券取引所は、2000年7月、ハノイ証券取引所は2005年8月に開設されました。

このようにベトナム株式は、開設されてまだまだ日が浅い市場で取引がされてることがわかります。

上場している企業の数も、両方の取引所を合わせても200社強ですし、時価総額においては、日本の240分の1に留まります。

小規模なベトナム株式市場ですが、世界中の投資家の間ではとても注目を集めている市場となっています。

いくつかの理由があげられますが、まずは、ベトナム政府の動きです。

ベトナム株式市場の上場企業は、現在ではまだまだ少ないですが、2009年を目途に770社の上場をベトナム政府は計画しています。

ベトナム株式市場の上場企業が1000社を超えるのも、それほど遠い将来では無いでしょう。

同時に、株式時価総額も短期間に現在の10倍にも拡大すると予想されていますから、この勢いに投資家達が目を向けないわけはありません。

次ぎに世界市場での分散投資の視点です。

外国株において、現在最大の人気を誇るのは中国株式ですが、投資家は分散投資でリスクを最小限に留めようと考えます。

その分散先として、注目のベトナム株式に投資する動きが急激に拡大しているのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。