ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株 口座開設ツアー

ベトナム株式売買用の口座を開設しようとお考えの方には、"ベトナム株式口座開設ツアー"があります。

エステツアーや、グルメツアーなどは、良き聞きますが、ベトナム株口座開設ツアーとなると驚きの方も多いのではないでしょうか。

その名の通り、ベトナム株式口座開設を目的に、ベトナムに出かけると言う内容の旅行です。

世界の投資家達の注目を集めているベトナム株式だからこそ、このようなツアーが誕生したと言っても過言ではありません。

ベトナム株式を始めたいとお考えの方にとって、このツアーの最大のメリットは、自分自身でベトナム株式の口座開設の手続きが行えると言うことです。

現地の取引のため、日本語のガイドが同行してくれますので、言葉の障害なく口座開設ができますからとても安心です。

口座を開設した証券会社には、日本語のウェブサイトサイトも用意されています。

年間費は必要ですが、日本に居ながら、日本語でのベトナム株取引を行うことができます。

また、実際に自分で目や耳にする現地の情報は、何にも変えがたいものもあります。

ベトナムの現在を自分自身でよく認識した後で、ベトナム株式を手がけることができますから、まさに一石二鳥です。

いくつかのツアー会社でこのようなベトナム株口座開設ツアーが企画、開催されています。

コストもそれほど高くないですし、日本人投資家の間でも人気の高いツアーとなっていますので、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

ベトナム株投資の魅力

世界の投資家達が注目してきたBRICs(中国,ブラジル,インド,ロシア)の4カ国に続いて、今では、VISTAと呼ばれる新興国の株式市場の人気が高まっています。

ベトナム,インドネシア,南アフリカ共和国,トルコ,アルゼンチンの五カ国の頭文字からVISTAと名づけられたものです。

特にベトナム株式についてはVISTAの代表的な存在で、世界各国からの投資が集っています。

ベトナム株式投資の魅力はなんと言っても、経済成長率の良さで、短期間の間に、経済成長率が7%と言う上昇率は、世界でも他に例を見ることができません。

WTOの加盟国になったことも受けて、益々投資が集中しているとは言え、ベトナム株式市場は誕生してまだ日が浅いため、上場企業の数は増えているとはいえ、まだまだ少ないのが現状です。

今後益々増え続けると言われていますが、現況では、ベトナム株式投資は、数少ない上場企業の中から選んでと言うことになります。

上場企業が少ない分、時価総額も少額で、一株当たりにしてみると、株価も安いことになります。

よって、ベトナム株式投資は少ない資金で、多くの銘柄が購入できると言うことに繋がるのです。

ベトナム株式については、まだまだ立場の長い投資と言うことになりますが、成長性からは目が離せません。

日本以外の外国人投資家はこの状態をどのように分析するのか?にも課題は残るようです。

ベトナム株 口座開設

個人投資家や外国株式を始めようとお考えの方の間では、ベトナム株式の人気が最近とても高まっています。

ベトナムは、今まさに"高度成長期"を迎えており、中国に次ぐ経済成長率となっています。

今後も益々伸びると見込まれていて、ベトナム株口座開設には絶好のタイミングなのです。

また、続々と企業が民営化されていることもあり、ベトナム株式市場では上場企業数が急増しています。

このように投資先企業が増えていることが、ベトナム株式投資をしやすくしています。

一般的に、外国株式の敷居が高い理由の一つに投資銘柄に制限があることあります。

しかしベトナム株式の場合、個別銘柄が自由に買えるため、日本の個人投資家にとっては高評価です。

良質な労働人口が多く、国民一人ひとりが勤勉で、教育水準が高く優秀である事が、ベトナムの国自体の安定性を担っています。

ベトナム株式の将来性は充分に見込まれますが、いざベトナム株取引となる前に知っておかなければならないこととして、まだまだ株式市場が流動的であると言う事を忘れてはなりません。

ちょっとした原因でも大きく乱れたり、日本市場では考えられないような状態に突然陥る危険性もあります。

外国人がベトナム株式を購入しようと思っても、購入可能な株式の割合は49%までされています。

以上の情報を踏まえて、ベトナム株式投資をするかどうか検討されてみてはいかがでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。