ベトナム株情報(ファンド,口座開設)

ベトナム株式のリスク

数ある投資商品の中でも株式取引は、ハイリスク、ハイリターンの区分に入る金融商品と言われています。

事実、億万長者になった人もいる一方で、金融資産を大きく減らしてしまっている人も少なくありませんので、株式取引では、そう言ったリスク、危険性にも目を向けなければならないのです。

ベトナム株式でも同様で、今最も勢いのある外国株式として注目されていますが、一方で、外国株式ゆえのリスク、危険性も存在します。

まず、カントリーリスク、危険性(国の信用度)です。

大きな発展をとげているベトナム経済ですが、まだ安定しているとはいえません。

法制度や規制の整備もまだまだ未完で、急に株価が下落してしまう可能性もあります。

更に、ベトナム企業はまだまだ国際レベルのコーポレートガバナンス、あるいは法制度といったところに対してとても曖昧なところが多く、まとまりがありません。

不祥事や内部分裂などによって急に株価が下落する可能性もありますし、情報開示(ディスクロージャー)に関しても、まだ完全には程遠い状態です。

最後に、為替変動リスクで、外国株式である以上必ずついてくるリスク(変動要素)です。

為替レートによる変動、政府による介入などはこのカテゴリーに入ります。

ベトナム株式だけに限らず、全ての投資商品に言えることですが、ベトナム株式を購入するならば、こう言った危険性を認識し、危機コントロールを強化する必要があるでしょう。

ベトナム株ファンド

ベトナム株式を購入する上で最も現実的なのが、ベトナム株式を主軸としたファンド、すなわちベトナムファンドを購入することです。

とは言っても、ベトナムファンドの種類は様々で、投資する対象はとても多く、どういったものがあるのかを認識しておかないと、何が何やらさっぱりわからないという状態に陥ってしまいます。


まずベトナムファンドの主な投資対象の種類についていくつかあげてみます。

まず、最も基本なのがベトナム株式です。

ホーチミン、もしくはハノイ証券取引市場に上場している銘柄や店頭銘柄、IPO(新規公開株)などの事を言います。


次に、ベトナム債券ですが、債券も国内で同じように扱われているので、なじみのある人が多いかと思います。

不動産もなじみがある対象と言えるでしょう。

その他にも、株式連動債、いわゆるリンクノートと呼ばれるものもありますが、債券の償還価格がベトナム株式の株式価の上下動推移に連動している債券です。

主に投資銀行などが発行しているようです。

ベトナムファンドにおいては、ユニット型、クローズドエンド型が多く見受けられます。

投資信託もありますが、日本国内と同じ性質で考えるのは危険です。

それぞれに長所と短所があり、どの投資対象がお勧めというものは一概にはありません。

株式は日本国内同様リスク、危険性が高くリターンも大きいとされ、投資信託はどれだけ信用ができるかと言う部分では国内よりも不安材料が多いかもしれません。

自己判断(自己責任)の元、そう言った性質をよく健闘した上で購入を考えるようにしましょう。

ベトナム株式とインド株式

発展途上ながらとても勢いがある市場として注目をあびているベトナム株式ですが、同様に今後が期待されている外国株式市場はいくつかあります。

その中でも最も有名なのが、インド株式です。

インド株式はベトナム株式同様ここ数年で凄まじい勢いの株価上昇をとげており、既に金融資産を倍増させた人も少なくありません。

注目を浴びるのも当然と言えるでしょう。

今のところ、インド株式は海外の投資家が直接投資する事ができないので、インド株式ファンドもしくはADRを利用する形になります。

ちなみに、ADRとは米国預託証拠書のことです。

インド株式投資は、日本国内でネット株によって取引を行う人がほとんどのようです。

今日の株式取引はオンライントレードが主流なので、極めて当然でしょう。

現在、楽天証券がインド株式投資をネットで取り扱っているようです。

ベトナム株式とインド株式の違いは、その母体にあります。

インドは総人口10億人を超えており、2030年ごろには労働力人口で中国を上回ると言われています。

急激な経済発展をとげていると言う点ではベトナムと同じですが、労働力ではインドが有利と言えます。

インド経済は世界的な注目をあびており、成長率も9%台ととても高く、アジアで三番目の経済力となるまでに発展しました。

今後もその労働力から、更なる成長が期待できる国ですので、株式にも人気が集まるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。